快眠のツボ

不眠症を改善するためにツボを刺激する方法があります。ツボには自分で刺激して効果を得ることができるものが多いので、知っておくと役に立つでしょう。
一つ目は百会(ひゃくえ)というツボです。
頭の頂上あたりにあるツボで、両耳を線で結び、その頭頂部にあるので、中指を使って強めに押しましょう。
二つ目は失眠(しつみん)というツボです。足の裏、かかとの中央あたりにあります。かかとは硬くなっている人も多いため、指で押しただけでは刺激を感じない場合があります。
柔らかい人なら、手の親指で強めに押すと効果を感じられます。硬い時は、ペンなどを使うといいでしょう。布団に寝た状態で膝を立て、かかとを布団にこすり付けるという方法もあります。
三つ目は湧泉(ゆうせん)です。足の裏、土踏まずよりやや上の位置にあります。足の裏のツボを刺激する際には、少し強めに力を込めたほうがいいでしょう。
不眠症の症状が重い場合は、ツボ押しだけではあまり効果を実感することができないので、睡眠薬合わせてツボ押しを行うと効果があるでしょう。
体がリラックスしている時の方が、ツボ押しは効果的ですから、お風呂上りなどに行ってみましょう。また、体が冷えないように、布団に入って行うのもいいでしょう。

小顔のツボも合わせて読んでみてください